生活の中で子供に教育をする

教育といえばおもに学校で行われるものであるかのように思われがちですが、お子様の能力をより伸ばそうとする観点から言えば、学校に限定してしまわずにより広い視野で、生活レベルか

生活の中で子供に教育をする

生活と共に育まれる教育

教育といえばおもに学校で行われるものであるかのように思われがちですが、お子様の能力をより伸ばそうとする観点から言えば、学校に限定してしまわずにより広い視野で、生活レベルから教育を考えていくべきではないかと思います。なぜかといえば人が教育で伸ばされる能力とは知識を身に着けることとされていますが、そのように人がよりよく育つには授業を受ける学ぶ側が、しっかりとまずはその教わる各種カリキュラムの内容を適度に吸収し、身に着けていけるだけの「下地」が必要とされるからです。この下地とは、体調であったり、精神状態であったり、今後人生を歩む上での目的意識や社会に対する価値観など、人として生活を維持するトータルコンディションの健常性が保たれていることとご理解されてもいいかもしれません。下地があって初めて正しく学習という学びを理解し、咀嚼し、吸収して自ら今後の社会を歩み、切り開いていけるだけの血肉として習得できるようになれるのです。

いうなれば、学ぶ側の下地が固まることなくいくら学習時間を増やして、高度な学習内容を優秀な先生方から教わったとしても、知識を自分のものとして力を伸ばしていくといった学習の成果にはつなげにくくなってしまうのです。たとえるならば、穴の開いたバケツにはいくら水を注いでも水が零れ落ちていくばかりでまったく溜まらないようなものです。教える側の努力だけでどうにかなるものではありません。教わる本人を助け支える周りの方々の手助けがあってこそ初めて学習を吸収できるだけの下地としてお子様を育てることができるのです。

人気の生活関連のハナシは、このサイトがおすすめですよ

Copyright (C)2017生活の中で子供に教育をする.All rights reserved.