生活の中で子供に教育をする

自分が子供だった頃とは全く環境が違っている現在。教育にかかるお金も私自身が想像していたものよりずっとかかるようです。「お金かかるのよ〜」と子を持つ知人が話しているのを他人

生活の中で子供に教育をする

日々の生活の中での無理のない教育資金の貯め方

自分が子供だった頃とは全く環境が違っている現在。教育にかかるお金も私自身が想像していたものよりずっとかかるようです。「お金かかるのよ〜」と子を持つ知人が話しているのを他人事のように独身だった頃は聞いていましたが実際子を持つ親となった今、子供の将来の為にきちんとお金を貯めておかねば、と考えています。とはいえ今の日々の生活もあまり余裕があるとはいえません。しかし今後収入が多くなっていく、という保障もない事を考えるとやはり早い時期から少ない額でも少しずつという事になります。これからの事を考えると小学生、中学生と進むにつれその時々で出ていくお金も多くなっていくでしょう。今はまだ小さく現在の教育費はそんなにかかっていないのでむしろ今が貯めどきなのだと感じています。

貯金する際の鉄則として「はじめからないものとする」と言われている引き落としでの貯金。手元にあればあるだけ使ってしまう私などにはとても向いていると感じました。貯蓄性の高い保険として有名な学資保険は子供の進学のタイミングに合わせて一時金を受け取る事ができます。子供が生まれてから早ければ早いほど月々の保険料も安くて継続しやすいと感じました。そして普通の銀行などでの積み立てに比べると解約しづらいというのがポイントです。解約する時期にもよりますが元本割れしてしまう事もありますしなんと言っても手続きが面倒そうだ、というイメージがあります。いつのまにか進学のタイミングを迎え、一時金を受け取る、というのが理想です。子供の将来を夢見ている母親です。

人気の生活関連のハナシは、このサイトがおすすめですよ

Copyright (C)2017生活の中で子供に教育をする.All rights reserved.